資料請求・お問合せ

0766-28-7700

月〜土(日・祝除く)
9:00〜17:00まで

オンラインフォーム

サンバリーのスタッフから皆さんへのメッセージ

先輩介護士からのメッセージ

入社8年目 あさひ苑勤務

こんな仕事をしています

あさひ苑では10人単位でのユニットケアを行っており、1つのユニットに5人のスタッフが介護にあたるカタチとなっています。スタッフの配属が頻繁に変わるということが無いので、入居者さまはほぼ毎日同じスタッフと顔を合わせている生活を送られています。短い期間でお互いが顔馴染みになれますし、私自身はあさひ苑の開所当初から勤めていることもあってか、笑顔で待ってくれている入居者さまもいらっしゃって、明るいイメージの施設になっているのではないかなと思っています。

私は、この仕事はお互いに笑顔になれる基盤ができてこそ、ちゃんとした介護が提供できるものだと考えています。これまで自分で出来ていた日常生活の一部一部ができなくなってくることで、私たち介護の人間が必要なわけですよね。ですから、こちらの表情とか入居者様との人間関係の築きがうまく出来ていないと、こちらが良かれと思ってやっていても、拒否されてしまうこともあると思います。ここで働いていて、良かれと思った手助けが拒否されることがなくなったいま、この仕事をやってきた達成感のようなものを感じています。

病院がグループにあり場所も近いことは、何かあった時にはすぐに対応できるので、働き手にとって安心できます。働いている中でも看護師側からの知識・技術を身近に見ることができるので、多少なりとも介護のスキルアップになっているのではないでしょうか。

今の自分、将来の自分

以前は訪問介護のサービスを提供する施設で働いていました。多くの方々の生活を支えていきたいという思いを心の中に持っていたのですが、当時の私のスキルもあるかと思いますが、1〜2時間程度ではまだまだ私が想像していた介護のカタチに出来ないなということを考えるようになって、ちゃんと1日を通して介護が提供できるこの職場にきたという経緯があります。

充分に入居者さまと関われる環境ですが、逆に看取りケアに入るということもあります。自分の気持ちの強さも大事だなということも感じてきましたが、こういったことを経て、介護という仕事は”人のあたたかみが伝わる・伝える”活動だなと考えるようになってきました。
これから、ケアマネージャーの資格にも挑戦していくと、入居者さまご本人とそのご家族さまとも関っていくことになりますので、”人のあたたかみ"を忘れずに進歩していきたいなとおもっています。

入職を考えられている方へのメッセージ

いつもと同じ入居者さまと、同じ職場の仲間とお互いに信頼関係を築いていくことが介護では最初に必要なことだと思っています。信頼しあっている人たちの中にいると長く働けるっていうメリットもあるのでは無いかと思っています。
職場に病気も疲れも持ち込めないので、体調管理が大事な職業ですが、休日にはリラックスして皆で支えあいながら楽しく働きましょう!

見学会・相談会は、ご希望があれば随時開催できるよう、お申し込みを受け付けております。グループ施設見学、入職ご相談のお申し込み方法、開催までの流れはこちらからご参考ください。