資料請求・お問合せ

0766-28-7700

月〜土(日・祝除く)
9:00〜17:00まで

オンラインフォーム

サンバリーのスタッフから皆さんへのメッセージ

先輩介護士からのメッセージ

入社16年目 サンバリー高岡病院勤務

こんな仕事をしています

私はサンバリー高岡病院に勤めていますが、皆さんが思い浮かばれる介護施設でのお仕事内容と比べて、より看護師や医師との関係が密なものかと思います。食事の介助や入浴の介助、清拭などのお仕事の中でも、患者さんの顔色やお肌の調子をはじめ、お体に変化がないかということをよく見ながら介護をします。看護とはまた違った目線で患者さんの状態を見ることができますので、介護職員からもちゃんと患者さんの情報を伝えていくことも重要なお仕事となっています。

ここでは、他の大きな病院から来られる患者さんも多いので、ここに来られてすぐのご様子は本当に様々なのですが、ここでは私も含めスタッフ皆が、耳垢をとるのも爪を切るのも”きめ細かく”介護することを心がけて、患者さんのここでの生活が少しでも楽で、明るいものになって欲しいなと思っています。
患者さんのご家族から「前より顔色が良くなった」とか「肌のツヤが良くなった」といったお話しを聞くと、仕事の”大変さ”を超えてやっていて良かったなと思えます。

介護の仕事は大変そうだというイメージがあるかと思いますが、ここでは勤務について制度も充実していて、尚且つ職員の希望を多く聞いてくれていますし、職員同士の仲もよいので、支えあって楽しく働けています。
現在、私自身が子育て真っ最中なのですが、子供を保育園に預けられない日曜日の勤務もシフトの希望を多く受け入れてもらったり、子育て中は夜勤に入らなくても良い制度があるので、助かっています。妊娠中に皆に助けてもらってたのも本当に感謝しています。

今の自分、将来の自分

高校生の頃には、将来は人の”支えになる””役に立つ”仕事に興味があって、手話の勉強をしてました。保育とホームヘルパーを同時に学べる専門学校で学びながら、職先に保育業界が良いか介護業界が良いか迷う時期もありましたが、やはり当時から「高齢化」というキーワードは気にならずにいられませんでしたし、介護の実習を重ねていくと、自然とこちらに決意が傾いていきました。
今では、介護の仕事の大切さが判っていますし、医師や看護師のように、介護のお仕事自体がなくてはならないものだと思っています。
ここで関わる方々は終末期の患者さんも多くいらっしゃるので、ご本人以外のご家族にも安心していただけるようにしなくてはいけませんし、それには人間的にもっと成長して、まだまだ長く働きたいなと考えています。

入職を考えられている方へのメッセージ

介護職に就くことを目指されている場合、介護施設への入職されることを思い浮かばれるのが多いかと思いますが、病院という選択肢もあるということをもっと知ってほしいなと思います。
看護師なら医療行為ができますが、介護士としても介護士ならではの人の支え方がありますし、気づけることに違いもあります。介護は絶対に必要なお仕事であると思うんです。

お仕事はどんな事でも、どんな場所でも大変さは変わりがないと思います。ただ、やり甲斐が感じられる仕事だと長く続けることができますし、私のように子供が生まれて育児に追われてても、子どもたちが親の仕事を「大事な仕事をしている」と自然に理解してくれるようになると思います。このグループは安心して働ける制度がちゃんとあるのと、職員の仲が良いので、是非候補に入れてもらえると嬉しいです。

見学会・相談会は、ご希望があれば随時開催できるよう、お申し込みを受け付けております。グループ施設見学、入職ご相談のお申し込み方法、開催までの流れはこちらからご参考ください。