資料請求・お問合せ

0766-28-7700

月〜土(日・祝除く)
9:00〜17:00まで

オンラインフォーム

サンバリーのスタッフから皆さんへのメッセージ

先輩看護師からのメッセージ

入社8年目 サンバリー高岡病院勤務

こんな仕事をしています

現在、サンバリー高岡病院で看護職員として働いています。もともとは専門学校を出て、リハビリテーション系の資格を目指してグループの介護施設で職につきました。当時は自分自身がまともに病気をしたこともなかったので、看護師になる自分の姿をイメージすることはほぼ無かったのが正直なところです。ただ、介護施設では高齢の方々との関わりは当然多いものですし、日常生活をお手伝いしていると、介護の仕事が特に必要な職業だなと判ってきましたし、さらには、入所者さんが辛いと感じている時に助けてあげたい、もっとやれることを増やしたいなと思うようになってきたんです。

施設でも入所者さんからの「ありがとう」とか日常の会話が弾んでいるときには介護の仕事にも達成感とか生きがいを感じていたのですが、グループ内の病院には男性の先輩看護師がいましたので、その格好良さに惹かれて自分も看護の資格を取ることに決めました。
資格を取るための奨学制度もありましたし、グループには看護師となってからも働ける病院がありましたので、心を決めてからは何も迷うことなく資格取得までがんばれました。
今では、様々な疾患を抱えられて入所されている方々に、色々なカタチで手助けすることが出来るようになりましたし、仕事に充実感を感じています。

今の自分、将来の自分

職員のシフトの希望も受け入れてくれる職場ですし、介護士として働いている妻とともに子育てに充てる時間も充分に作れますし、仲間とやっているビーチボールもコンスタントに大会に出られるくらい続けていられますし、仕事もプライベートも充実したものになっています。

今はまだまだ夜勤の仕事の後であっても疲れを感じない体力がありますが、いずれ私も年を取りますし、誰かの助けを必要とするかもしれません。
ここでは終末期のケアに関わることも多いので、病気を治して帰すといったカタチで看護に臨むことより、患者さんともそのご家族とも最後までお付き合いさせていただくことが大事なんです。家族さんにも後悔してほしくないですし、私たちのこの仕事を、人との関わりと広い視野をもって続けていきたいなと思っています。
自分がこの仕事を続けていって、自分の仕事の大切さが、子どもたちや地域に広がってくれればと思います。

入職を考えられている方へのメッセージ

男性の職員ももっと増えても良いかなと思っています。介護や看護の業界では、男女問わず私たちと同じ「人」相手ですので、男性の患者さんでしたら男の看護師・介護士との会話の方が気持ちを通じさせ易かったりしますし、患者さんの急変に一番最初に気付いて、早く対処できるのは私たちですから、人の為になっているというやり甲斐をもって働けると思いますよ。

ここでは介護の施設より病院があることで、それならではの状況になることもあります。どんな仕事に就いたとしても、やってみなくては判らないことが多いのは当たり前だと思うので、臆せずに来てください。

見学会・相談会は、ご希望があれば随時開催できるよう、お申し込みを受け付けております。グループ施設見学、入職ご相談のお申し込み方法、開催までの流れはこちらからご参考ください。